読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常茶飯本

“暮らしの本”愛好家の日記

“理想のおうち”を見つける方法。/『やかまし村の子どもたち』

つ やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) 「こうして、なにもかも、わたしの棚におさまりました」 昨年、“お片づけ”をはじめたとき、物を手放す前のステップとして必要だったのが「理想のおうちと暮らしを想像する」ということでした。そのイ…

片付け祭り、完了しました。/『人生がときめく片づけの魔法』

人生がときめく片づけの魔法 “片づけの天才(あるいは妖精)” による、革命的お片づけ本。 新年おめでとうございます。かなり久しぶりの日記です。 このブログをお休みしていた2015年9月から12月にかけて、丸4ヶ月間というもの、“お片づけ”に没頭していまし…

梅雨の時季のリネン考。/『リネン屋さんのリネンの本』

リネン屋さんのリネンの本 リネンシーツの幸福を、教えてくれた本。 あらゆるものが湿気を帯びる、日本の梅雨。この時期を、できるだけ快適に過ごすための良き相棒として、私が真っ先に思い浮かべるのが、“リネン”です。 梅雨どきに、リネンの何がありがたい…

“お片付けテンション”が上がる本。/『暮らしを、整える』

暮らしを、整える: 部屋と頭と心のお片づけ (私のカントリー別冊) 「片付けたい」気持ちに、追い風をくれる言葉。 この本、まず、第一章の冒頭の文章が秀逸です。 「家具や器やファブリックや小さな雑貨。 これまで、私たちは足し算で暮らしの豊かさをつくっ…