読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常茶飯本

“暮らしの本”愛好家の日記

食の本

日々のごはん作りが、楽になるお話。/暮しの手帖 4世紀83号

暮しの手帖 4世紀83号 和食の原点=「汁飯香」とは? 朝ドラ効果もあって、今まさに注目を浴びている『暮しの手帖』ですが、本誌の方は、相変わらずひたむきに、丁寧に紙面を作られていて、ページをめくる度ほっとします。やはり、得難い雑誌です。 今号は、…

YESのごはん。/『料理=高山なおみ』

料理=高山なおみ “作り手の領分”を大事にする、ということ。 著書のすべてを読んでいるわけではないけれど、高山なおみさんの本のなかで、多分いちばん好きな本です。 高山さんは料理家、そして文筆家でもあるので、著作には料理本とエッセイの両方があるの…

魔法のシロップの作り方。/『私の保存食ノート いちごのシロップから梅干しまで』

私の保存食ノート いちごのシロップから梅干しまで ガラスびんのなかには、魔法のシロップが入っている。 母の本棚にあるのを見つけて以来、それこそ10数年以上ずっと読み続けている、この「私の保存食ノート」。なかでも一年で最も密に読む季節は、梅雨まっ…

主人公サラダ。/『ジャーサラダ ジャーごはん』

ジャーサラダ ジャーごはん 流行りモノにのっかれない人にこそ、おすすめの一冊。 枝元なほみさんは、好きな料理家さんの一人です。 「きょうの料理」でもおなじみの枝元さんのレシピは、いずれもおおらかで背伸びしない感じ。見た目も◎。そして肝心の味も、…