読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常茶飯本

“暮らしの本”愛好家の日記

片付け祭り、完了しました。/『人生がときめく片づけの魔法』

人生がときめく片づけの魔法 “片づけの天才(あるいは妖精)” による、革命的お片づけ本。 新年おめでとうございます。かなり久しぶりの日記です。 このブログをお休みしていた2015年9月から12月にかけて、丸4ヶ月間というもの、“お片づけ”に没頭していまし…

“ちょうどいいクローゼット”考。/天然生活 2015年10月号

天然生活 2015年 10 月号 [雑誌] クローゼットから見る、時代の変化。 天然生活の10月号は、毎年恒例となっている“お洋服特集”です。 私の手元にあるのは、2012年から始まった「年間、お洋服計画」の2012〜2014年号と、2010年の「大人の定番服」の特集号。今…

装う喜びを、ボタンホールに花を。/『The Sartorialist(サルトリアリスト)』

The Sartorialist 世界のリアル・クローズの、果てなき面白さ。 ときどき「◯◯はファッションだ!」というような発言や文章に出くわすことがあります。その大半は批判的な文脈であり、その「◯◯」について、わりと雄弁にダメ出しをしていることがほとんどです…

夢の服は、物語のなかに。/『ムギと王さま』

ムギと王さま―本の小べや〈1〉 (岩波少年文庫) 本のなかで会える、まばゆい服たち。 今週のお題「好きな服」。ということで… 読書ブログながら、お題に初挑戦してみました。 日々、実際に身につける服、いわゆるリアル・クローズにまつわる本も好きなのです…

梅雨の時季のリネン考。/『リネン屋さんのリネンの本』

リネン屋さんのリネンの本 リネンシーツの幸福を、教えてくれた本。 あらゆるものが湿気を帯びる、日本の梅雨。この時期を、できるだけ快適に過ごすための良き相棒として、私が真っ先に思い浮かべるのが、“リネン”です。 梅雨どきに、リネンの何がありがたい…

未来のおしゃれを考える。/大人になったら、着たい服 2015春夏

大人になったら、着たい服 2015春夏 (ナチュリラ別冊) 「可愛いおばあちゃんになりたい願望」を具現化すると。 (元)オリーブ少女によくある願望のひとつに「可愛いおばあちゃんになりたい」っていうのがありますよね。私は1978年生まれなので、(元)オリ…